Yohaku-Design

私×家族×社会×組織×?ヨハクは無限の可能性

会社員のハコに戻って1年(W杯に寄せて) — 2018-06-20

会社員のハコに戻って1年(W杯に寄せて)

スクリーンショット 2018-06-20 22.03.47
W杯初戦突破のジンクスでこのまま決勝T行って欲しいですね。そんな2018/06、あっという間に会社員に戻って1年経ちました。一般的なカイシャインよりはだいぶ自由にさせてもらっていますが、当初は「箱に属する」ことの振る舞い方や見られ方を随分忘れていました、、

近年は複数パラレルキャリアだったのですが、いわゆる会社員(あなただけ100%♡)とは随分とマインドが違っていたなぁと思います。もちろんカイシャって素晴らしい!会社じゃなとできないなぁと思うこともたくさんあります。

ただ100年時代、個々人でできることを増やして行くためにも、私は副業OKが会社員になる前提だったので、今も少しだけしています。でも副業をやりたい!人が増える=副業OKの会社組織が増えることになるわけで。

私はDiversity&Inclusionを色んな切り口から研究して、この「あなただけ100%♡」問題も結構根深いなぁと思っています。日本人は義理人情の国民性、マネジメントは純度100%の忠誠心を好みます。所属しているだけでイマイチ働いてない人よりも、優秀だけど他所にも所属して「あなただけ100%♡」でない人はあまり好まない傾向にあります。

もちろん人間、自分に尽くしてくれる人の方が嬉しいですが、労働力不足とかいうなら、流行りのシェアリングエコノミーとかいうなら「あなただけ100%♡」の気持ちこそシェアしていいのに、そこにはなかなかOKが出ないのが、悩ましいメンタリティと現実ですね。

W杯などでいつも思うのは、ハーフの人や自分の祖先がたくさんの人種で構成されている人とか、そもそもアイデンティティの捉え方が難しく応援が大変だろうなぁと。日本100%の応援でなくて、日本もA国もD国もちょっとずつ応援したい、とかだっていいのになぁと思います(政治外交問題とかは別ですよ)

箱の中と外、その境界線の定義は何なのか。何でも白黒はっきりできるものではない中では、余白を認めることができるか、に掛かっていると思うんです。定義し管理しなきゃいけないことと、そうでなくていいものの。

FDC卒業とYOHAKU-DESIGNのつづき。 — 2018-04-01

FDC卒業とYOHAKU-DESIGNのつづき。

jasmine
福岡地域戦略推進協議会(FDC)を卒業しました。グロービス退職後のフリーランス時代2014年夏から、久留米信愛短大講師との完全パラレルキャリアな2年を経て、再びフリーランスを挟んで今度はフルタイムの会社員の副業としての1年でした。

こんな自由な働き方が出来たのもFDC事務局をはじめ、会員の皆さまの理解があってこそでした。大事なMTGに出られないことも多々あり、物理的な距離やリモート環境の文化などもあり、その度に笑ってごまかしてきた私でしたが、、本当にご迷惑ばかりをおかけしました。

FDCでは毎日が新鮮で、とめどなく福岡からあらゆる業界や境界、規制を通り越して世界に広がっていく日々にワクワクしました。たくさんのスタートアップの皆さんともお会いしました。おかげさまでFDCも多くの皆さまに期待をいただくようになり、福岡エリアに色んな投資や事業、人材も集まり、生み出されるようになりました。刺激的な日々を本当にありがとうございました。

縁あって古巣グループに前前前職ぶりにフルタイム復帰しましたが、何せ私(みんなのイメージほど)タフではないのでFDCは一旦卒業させていただくことにしました。今後も人材面からこの街に関われたらなと思っていますので、引き続き宜しくお願いします。

個人活動について。

namecard

個人名刺も久しぶりに増刷して、改めてYOHAKU-DESIGN。
現職は副業OKではあるので、全く新しいテーマにも関わってみたいなーと思ってます。もっとカルチャーとかエンタメとか。今までどおり、個人的に依頼された講演や研修などは可能な限り受けるつもりです。色々面白いお話待ってます!

そして「副業」「兼業」の波。東京でお会いする九州UIターン希望の皆さんは、今まで素敵な経験をされ、その上で福岡で「様々な働き方の可能性」を相談に来られます。でも経営者からみたら副業は認めにくい、特に社員を家族と思っているとマネジメント云々ではなく別の家族にも所属するようで、ざわざわすると思います。でもこれはもう時代の流れとして、前向きに捉える方がいいなぁと思います。だからこそ会社と個人が自立した対等な距離感でいられることが益々求められるようになりますよね。ただ現実はとっても難しい。今年も自分自身を使って実験、本業に全く余裕がなく痺れる毎日ですが、どうなることやら(汗)

とかぐるぐる詰まっていたこの数ヶ月ですが、家のジャスミン(観葉植物)が、古い葉がびっしり茂っている合間から「どこから余白見つけて伸びてるの〜?」という具合に新しい葉をどんどん伸ばして来て、あぁこういうことなんだよねぇと、気づかされました。

皆さん、これからも宜しくお願いします、いっぱい楽しいことしましょ。

 

素の自分と向き合う(オタク的な熱中と好奇心で) — 2018-03-01

素の自分と向き合う(オタク的な熱中と好奇心で)

結局、立場を変えながらずっと人に向き合ってる。しかも学生から新社会人から、女性からミドルからエグゼクティブ、経営者まで、スーツ族からパーカー族、超ビジネス系からソーシャル系までそれなりにきっと幅広く向き合ってる。人と向き合うのは、結局素の自分が、自分の小さい器があぶり出されて、とっても辛くなる時がある。でもたまに、震えるくらい感動したり、ワクワクすることもある、だからやっぱり、私は人と向き合うことが好きだと思う。

とりわけ仕事の場面では、私は聞き手でしかなくて、傾聴の模範姿勢で臨んでいる(つもり・・・)、Diversityの理解と超想像力を働かせて、相手の立場になりつつも、Unconscious Biasが必要以上にかからないような、そのバランスをとった立ち位置で、ただ傾聴する。そこから何かSuggestionできればと必死に頭とココロをフル回転させながら、いつもいっぱいいっぱい(苦笑)

でも現実は本当に多様で。多様な人と接すれば接するほど、接し方がわからなくなるほど多様で。相手が思う当たり前に屈しそうになることも、易きに流れそうなことも多々あって。その度に素の自分と向き合い、色んな思い込みや鎧を脱いで、自分の五感で目の前を事象を感じることで見えてくることがあると信じてる。

すごい飛躍するけれど、AIの時代に人間に必要な力って、結局本質を感じて、解釈して考えて、そしてそれを楽しむことに尽きる気がしてる。二転三転四転する不毛な働き方改革なんかの話より、一人一人が素の自分と向き合って、とことんその欲求に忠実に生きた方が結局大きな幸せの近道だと思う。それは「私らしく」とかの薄っぺらい話ではなく、「社会のために」とかの上滑りするものでもなく、もっとオタク的な熱中と好奇心と共にあると思うの。

 

今日のBGM 「ひとつだけ」 矢野顕子×忌野清志郎(1980)   TV セブンルール  テーマ曲