暮らす×働く×学ぶ×余白〜物理を超えて地域のこれから〜

 工業化で工場が建ち並び、都市化しサービス業が進み、人が集まり暮らしている。私は子どもの頃から産業地理が大好きで、その土地土地の地形や自然環境を活用し発展、都市形成をしてきた様々な産業や文化を体感したくて国内外を旅行し、たくさんの人と話し、働き方と暮らす場所の選択に関わる仕事もしてきた。

 各自治体から企業誘致の相談や、地域進出を検討している企業からの相談も受けてきた一方で「自分が暮らしたい場所で働きたい」という個々人の相談も相当数受けてきた。進学や就職で地元を離れる人や、遠方出身の人との結婚も増え、人材の流動化や生き方の選択肢も格段に増えた。選択肢があり、選択肢がない、という状態は、人を本当に悩ませる。何でもは無理だ、何かは我慢するかリスクをとるべきだ、という考えもよくわかる。ただ現実は、子どもの学校教育、配偶者の仕事の関係、親の介護など、家族単位での選択となり、複雑な人間関係や経済状況も相まって「仕事の中身ややりがい」の優先順位を上げることは相当に難しい。

 結局、物理的な場所に縛られてしまう。のだけれど、今回在宅で一部の仕事、学校教育も可能であることが、広く知れ渡ってしまった(一部の人たちは元からそれが当たり前なんだけど)。例えばIT企業やコールセンターなどが、地域に進出し場所を構えその地域の人だけを雇用しなくても技術的には運営可能となった。オンラインで高度な教育が受けられれば、学校を理由に住みたい街を考えなくてもよくなった。もちろん全て良し悪しもありリアルorオンラインの二元論ではなくグラデーションであり、雇用も教育も法律や税金問題あり、マネジメントも変わらなきゃなので一気には難しいが「可能であると多くの人が体感した」のは大きいと思う。あらゆる価値観が揺らいでいる。揺らぎは余白である。

コロナでより先が見えない中、個々人はこれまでの「暮らし・仕事・教育のセット」から、どこで物理的に暮らしたいかが重要なファクターになる人は増えると思う。ちなみに暮らし方でも、多拠点・アドレスホッパーも登場し、またオンラインで関係人口も増えてきている。

つまり、地域に居ながら地域の恵みを享受しつつ、世界中で学び・働き・関わることができるハイブリッドな暮らし、、、

 

、、ができるかは、これからの地域に暮らす、または暮らそう関わろうとしている人のチャレンジかかっている。東京は密過ぎてローカルに人が回帰すると言われたり、実際に希望者は増えているが、経済の実態がローカルに分散するとはやはり考えにくい。実際いくつものPE(プライベート・エクイティ)ファンドは爪を研ぎまくって東京や海外からローカル企業を狙っている。その街の暮らしが豊かであり好きであるのであれば、どうしたらその価値を持続することができるのか、地域の主体はどこに向かうのか、これまで以上に知恵を絞ってイノベーティブな活動が求められている。

と、最初グローバルIT企業で働きつつも、地域に暮らす選択をした自分に、超超自戒を込めてはっぱをかけて。これからも自然に囲まれて美味しいものをいただいて、みんなと幸せに暮らしたいもん。

ゆるふわお兄さん(ノイズで余白)

一時期「ゆるふわモテ💕」が流行ったけれど、今は生き方やキャリアがゆるふわモテなのかもしれない。先日フロイデギズモ社(吉谷愛社長)の設立記念パーティにお招きいただき、アヴァンティ創業の村山由香里さんと東大名誉教授の上野千鶴子さんの対談が。私は勝手に、福岡のお姉様ばっかりいる図を想定して会場に着くと、見覚えのあるお兄さんがちらほら。思わず「えっこの設立パーティに来たんですか?」と聞いてしまった(ごめんなさい笑)

私のUnconscious Bias 怖い!

フロイデはIT企業なので、IT系の人たち、女性活躍系の人たち、社会学者上野先生の話を聞いとこう的な”エライ”系の人たち、が一堂に混ざり合うとても面白い会に。上野先生の「オリジナリティとは教養(既知)とのディスタンス」というずきゅんと刺さる話からはじまり、色々変化して越境して「ノイズを起こせ!」がテーマ。それは「余白」であり「ゆるふわ」である(無理やり)。専門の旗を立てたり立てなかったり、立てたとしてもガシガシとノイズ立てて進む人と、それをゆるふわっと余白こっそり勝手に作っていく雰囲気の人と、色々いるからこそ変化や面白さや価値が生まれていくのではと思ったり。

ゆるふわお兄さん(あっ特定の1人ではないですが、ご自身でゆるふわと仰る方もw)の生き方やキャリアは、これまで女性が(一部余儀なくされて)作ってきた感じと似ていて、それを男性でゆるふわっと進んでいく、個人と組織の関係も変えていく、時代の先端というか追いついた感じ。ダイバーシティに関わって、最近ようやくぐるーーーとまわって単にジェンダーではなく、多様性の話になってきて嬉しい。(現実にたくさんの分断や社会課題はあるけれど、でも嬉しい)ゆるふわお兄さん達のこれからにも超興味あり!

そして何より、吉谷さんと村山さんという素敵なそして異業界のお二人がかけ合わさったからこそ、新しい会社ができたのだと思います、本当におめでとうございます!

 

 

 

 

地域文化とインバウンド(YOHAKUミニサロン)

YOHAKUミニサロン♬
毎回テーマをゆるく設定し、多様な視点で混ざり合い余白を広げる、少人数でセミクローズドな異業種交流会です。今後も1〜2ヶ月に1回のペースで、少しずつゆるい繋がりを紡いでいきます。みんなで余白を生み出しましょう。何かこのテーマで、色んな人と語り合ってみたい、という方もぜひお声がけください。そこからお仕事に繋がることが生まれたら、それはそれで素敵!ビジネスでも個人としても何かご興味があればぜひ。


2019/05/21  YOHAKUミニサロン「地域文化×インバウンド(太宰府)」

太宰府で多様な立場で働く人、インバウンド事業に携わっている人、ゲストハウス運営者など、多様なメンバーで食事会。それぞれの立場から、色んな国の方に地域を楽しんでもらうためのあれこれ、とっても有意義な時間となりました♬ 特に、こちらが勝手に良かれと思っていることが、知らず知らず相手を傷つけることに繋がっていたりなど、先入観を取り続けて色んな国や文化を素直に学んで、できる範囲で広い心で接しわかり合っていくことが大切だなぁと思いました。

もちろん自治体や、インバウンド事業関係者、観光業の方々の理解はもちろん、私たち一人一人が少しでも楽しくポジティブに受け止め関われることが大切ですね。当たり前なのですが、そのためには世界の政治経済問題や社会問題にも、やっぱり一通り知っておき自分なりの考えを持つ必要があるなぁとも思いました。

私はこのGWに北欧3カ国を全くの素人個人旅行をしてきて、一番困ったのが「交通」でした。事前に調べていたものと、何かが異なっていたり、情報が古かった場合など、想定外の場合の対処の仕方や選択肢が乏しくて、なかなかピンチな場面もありました。なので都市部はまだしも、少しローカルな場所で困っていそうな外国の方がいたら(日本人もですが)、これから積極的に声をかけようと思いました!

ご参加のみなさん、本当にありがとうございました♬

写真1