暮らす×働く×学ぶ×余白〜物理を超えて地域のこれから〜

 工業化で工場が建ち並び、都市化しサービス業が進み、人が集まり暮らしている。私は子どもの頃から産業地理が大好きで、その土地土地の地形や自然環境を活用し発展、都市形成をしてきた様々な産業や文化を体感したくて国内外を旅行し、たくさんの人と話し、働き方と暮らす場所の選択に関わる仕事もしてきた。

 各自治体から企業誘致の相談や、地域進出を検討している企業からの相談も受けてきた一方で「自分が暮らしたい場所で働きたい」という個々人の相談も相当数受けてきた。進学や就職で地元を離れる人や、遠方出身の人との結婚も増え、人材の流動化や生き方の選択肢も格段に増えた。選択肢があり、選択肢がない、という状態は、人を本当に悩ませる。何でもは無理だ、何かは我慢するかリスクをとるべきだ、という考えもよくわかる。ただ現実は、子どもの学校教育、配偶者の仕事の関係、親の介護など、家族単位での選択となり、複雑な人間関係や経済状況も相まって「仕事の中身ややりがい」の優先順位を上げることは相当に難しい。

 結局、物理的な場所に縛られてしまう。のだけれど、今回在宅で一部の仕事、学校教育も可能であることが、広く知れ渡ってしまった(一部の人たちは元からそれが当たり前なんだけど)。例えばIT企業やコールセンターなどが、地域に進出し場所を構えその地域の人だけを雇用しなくても技術的には運営可能となった。オンラインで高度な教育が受けられれば、学校を理由に住みたい街を考えなくてもよくなった。もちろん全て良し悪しもありリアルorオンラインの二元論ではなくグラデーションであり、雇用も教育も法律や税金問題あり、マネジメントも変わらなきゃなので一気には難しいが「可能であると多くの人が体感した」のは大きいと思う。あらゆる価値観が揺らいでいる。揺らぎは余白である。

コロナでより先が見えない中、個々人はこれまでの「暮らし・仕事・教育のセット」から、どこで物理的に暮らしたいかが重要なファクターになる人は増えると思う。ちなみに暮らし方でも、多拠点・アドレスホッパーも登場し、またオンラインで関係人口も増えてきている。

つまり、地域に居ながら地域の恵みを享受しつつ、世界中で学び・働き・関わることができるハイブリッドな暮らし、、、

 

、、ができるかは、これからの地域に暮らす、または暮らそう関わろうとしている人のチャレンジかかっている。東京は密過ぎてローカルに人が回帰すると言われたり、実際に希望者は増えているが、経済の実態がローカルに分散するとはやはり考えにくい。実際いくつものPE(プライベート・エクイティ)ファンドは爪を研ぎまくって東京や海外からローカル企業を狙っている。その街の暮らしが豊かであり好きであるのであれば、どうしたらその価値を持続することができるのか、地域の主体はどこに向かうのか、これまで以上に知恵を絞ってイノベーティブな活動が求められている。

と、最初グローバルIT企業で働きつつも、地域に暮らす選択をした自分に、超超自戒を込めてはっぱをかけて。これからも自然に囲まれて美味しいものをいただいて、みんなと幸せに暮らしたいもん。

ゆるふわお兄さん(ノイズで余白)

一時期「ゆるふわモテ💕」が流行ったけれど、今は生き方やキャリアがゆるふわモテなのかもしれない。先日フロイデギズモ社(吉谷愛社長)の設立記念パーティにお招きいただき、アヴァンティ創業の村山由香里さんと東大名誉教授の上野千鶴子さんの対談が。私は勝手に、福岡のお姉様ばっかりいる図を想定して会場に着くと、見覚えのあるお兄さんがちらほら。思わず「えっこの設立パーティに来たんですか?」と聞いてしまった(ごめんなさい笑)

私のUnconscious Bias 怖い!

フロイデはIT企業なので、IT系の人たち、女性活躍系の人たち、社会学者上野先生の話を聞いとこう的な”エライ”系の人たち、が一堂に混ざり合うとても面白い会に。上野先生の「オリジナリティとは教養(既知)とのディスタンス」というずきゅんと刺さる話からはじまり、色々変化して越境して「ノイズを起こせ!」がテーマ。それは「余白」であり「ゆるふわ」である(無理やり)。専門の旗を立てたり立てなかったり、立てたとしてもガシガシとノイズ立てて進む人と、それをゆるふわっと余白こっそり勝手に作っていく雰囲気の人と、色々いるからこそ変化や面白さや価値が生まれていくのではと思ったり。

ゆるふわお兄さん(あっ特定の1人ではないですが、ご自身でゆるふわと仰る方もw)の生き方やキャリアは、これまで女性が(一部余儀なくされて)作ってきた感じと似ていて、それを男性でゆるふわっと進んでいく、個人と組織の関係も変えていく、時代の先端というか追いついた感じ。ダイバーシティに関わって、最近ようやくぐるーーーとまわって単にジェンダーではなく、多様性の話になってきて嬉しい。(現実にたくさんの分断や社会課題はあるけれど、でも嬉しい)ゆるふわお兄さん達のこれからにも超興味あり!

そして何より、吉谷さんと村山さんという素敵なそして異業界のお二人がかけ合わさったからこそ、新しい会社ができたのだと思います、本当におめでとうございます!

 

 

 

 

仕事のロマン的なものの移ろい

BIOTOPEの佐宗さんの本、序章の「すべては余白のデザインしだい」という見出しを見て、半年前に購入。これまでの ①カイゼン思考 ②戦略思考 ③デザイン思考 に加えて、④ビジョン思考、VUCAの時代は何事も曖昧、「妄想」が大事ですよ、というもの。ちょっと私の日々と絡めて考えてみました。

ざっくり言うと製造業がカイゼン思考、MBAコンサル的経営学が戦略思考、それからデザイン思考(よりIssue-Driven)、ビジョン思考への流れ。私は日々色んな方とマンツーマンでお話する機会が多く、ご自身でこれまでのハイライトとこれからの人生を語ってもらうと、経歴(業界・職種・ポジション)に加え、より如実に今までどこの領域の方で、これからどこの領域にいきたいのかが、使う言葉の端々からよく分かる。

IMG_7054

そして、そこに紐づくモチベーションの源泉や、達成したい・成したい状態、ある種「仕事のロマン的なもの」も伝わってくる。時代や年齢にもよるが、製造業のモチベーションは組織内での出世、戦略の荒野はあいつより勝ちたい・モテたいなど意外と妄想的でもあったり。もちろん個人的にその方が大切にしているモノサシに寄り添うようにしている。そしてハタと終わりなきゲームに気づいた目的の難民がこの数年、デザイン思考に流れている、のですがしかし。クリエイティブ人材とコラボできる一部の人材を除き、THE左脳人材は限界を感じ、KPIの世界に戻らざるを得なかったりする。この辺り、思い当たって胸が痛い方はぜひぜひこの本を読んでほしいです(笑)

佐宗さんは、その内面の迷子の人たちが目指したら良い第4の世界として「人生芸術の山脈」を挙げている。道なき道をそれぞれ自由に周りを気にせず没頭し生き生きと登る人生・組織。でもその山はとても険しい。このイラストの上半分はその4つの現実世界であるが、真ん中に大きな穴があり、目に見えないビジョンのアトリエ/地下世界(妄想・知覚・組替・表現)が広がっている。

この本では言及されていないが、何より、人生の中で大きくはあれど「仕事」は一部、実際は家庭の問題や健康面など、色んな出来事がある。最近では災害など社会環境も大きく変化している。長い人生、同じ人でも「仕事のロマン的なもの」は本人も思っても見ないところで、移ろっていくものだと思う。毎日毎日、その移ろいに向き合っている私は、この地下世界でのフラットな話し相手のような存在でありたいなぁとこの本を読んで改めて思ったり。

IMG_7053

私はこの序章「直感と論理」をめぐる世界の地図、が一番面白かった。本の構成はそのビジョンのアトリエ(地下世界)について
1:最も人間らしく考える -Think Humanly
2:すべては「妄想」からはじまる -Drive Your Vision
3:世界を複雑なまま「知覚」せよ -Input As It Is
4:凡庸さを克服する「組替」の技法 -Jump Over Yourself
5:「表現」しなきゃ思考じゃない! -Output First
おわりに:夢が無形資産を動かす時代 -Business,Education,and Life

「余白づくり」は上記すべての起点になり、妄想(内省)、知覚(触発)、組替(飛躍)、表現(展示)のための、空間的・時間的余白は個人の人生でも組織でも社会でも、それぞれのキャンパスとして必要だということ。「元々左脳」という佐宗さんらしく左脳的な展開でその手法が書かれていく。
—-

読み終えてみて、私はやっぱり右脳が強いと再認識。私は割と子どものころから、「これ面白い、アレ面白い」という余白創出の毎日で「○○法」「○○テク」とかに食指が動かず、よく言うとまっすぐなVision-Drivenタイプ、悪く言うと不器用で非効率、そしてあまり社会貢献とか大きな大志とかIssue-Driven型で考えたことがなく、、、時代が追いついてきた?!とポジティブに解釈をしてみたり。でもお仕事で会う方は圧倒的にTHE左脳が多いので、私ももう少し左脳を磨いてバランスを取りたいと思いますw

この本どんなタイプの方が読んでも気づきがあると思います。特に左脳の人には目から鱗かもだけど、左脳の人に読みやすい本ですw ぜひ読んでみてください。 妄想仲間の皆さんは今後も宜しくお願いしま〜す!!

(画像は本のp13、p57よりお借りしました)