img_8469

家の前の小学校の桜が、工事のため一夜にして無くなっていました。今まで当たり前にあったものが突然なくなる虚無感、と同時にいつまでも残る、想い出。

この世の秩序は、思っているより形がなく脆いもの。一夜にして、そして時間をかけて、何が変わるのか、変わらないものは何か。

感じつつ、学びつつ、伝えつつ。
きっとずっと、普遍と変化の余白を、
泳ぎ続けて、ときに優雅に流されて。

桜の木がなくなっても、大地はただ、
じっとそこにある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。