中小企業の経営者の皆さまと女性の活用について意見交換させていただく場に、少しだけ参加させていただきました。多様な業界の経営者の皆さんの課題意識を直に聴き、まさにダイバーシティの力を感じることができる会合でした。

毎度ですが、 近年の女性活躍バブル、首相の成長戦略だから、とやみくもに、とりあえず女性社員や管理職を増やすのではなく、
何のために増やすのか、
自社の状況にはどんなバランスが適切か、
制度や運用はどうしたら良いか、
上手く回るために社内にどのようにメッセージを発したら良いのか、
これらをどうやって効果的に進めたら良いのか、etc

大手企業の制度が全て良いわけではないし、柔軟性や風土の改革は中小企業の方がずっとあるわけで、経営者の皆さんは胸を張って自社ならではの働きやすい会社作りをぜひ工夫していただきたいと思いました。業界や職種、年代、地域などで、ベストプラクティスを共有し合いたいですね。

私からは、
東京の先進企業では、マミートラックの弊害もあり、「脱時短」が始まっていること、
女性の視点ってよく言うけど、それは何?女性全員がもってるの?
労働者人口が減少しないならやっぱり女性はいらないの?
と投げかけさせていただきました。

もっともっと考えよう。
色んな人の生き方や働き方(^o^)