毎日、お味噌汁を作らない、ことを受け入れられるのか。
世界経済フォーラム「ジェンダーギャップ指数2013」が発表され、
日本はさらに後退し、105位に。あのインドより低位置。

シンガポールをはじめとする、東南アジアは、
元々外食文化のため、自宅で時間をかけて毎日料理をする習慣が少ない。
現に、赴任している友人たちも、キッチン付の家を探すが大変という。
これが、東南アジア地域で、日本より女性管理職比率が桁違いに高い
大きな要因の一つと思われる。

日本では、どこの家庭からも夕方になると
美味しそうなご飯のにおいがする。
だからこそ、世界に誇れる日本食文化になっているのだと思う。

結局、問われているのは、
毎日の食卓に、手作りのお味噌汁が必ず必要なのか、
そういうことだと思う。

時短調理テクニックや時短調理器具が売れるのも、
日本特有で、勤勉で家族思いな日本人両立の実態。

専業主婦の家庭に育ち、
毎日毎日早い時間からご飯を丁寧に作る母親を見て来た私には、
結構高いハードルだったりするのです。